『実験音声学・言語学研究』第3号(2011)目次

【論文】ポーズが日本語母語話者の評価に与える影響についての一考察―韓国人日本語学習者のスピーチより― (Influence of Pauses on Evaluations by Native Japanese Speakers of Speeches by Korean Students of Japanese)
高村 めぐみ (Megumi Takamura)
pp. 1-11
PDF ファイル(196 KB)
【論文】韓国人日本語学習者における「ザ/ジャ」音の識別*―MMN、N2b、P300を指標として― (Distinction between [dz] and [ʥ] among Korean Learners of Japanese)
丸島 歩・桐越 舞・二ノ宮 崇司・渡辺 和希・早川 友里恵・福盛 貴弘 (Ayumi Marushima, Mai Kirikoshi, Takashi Ninomiya, Kazuki Watanabe, Yurie Hayakawa and Takahiro Fukumori)
pp. 12-29
PDF ファイル(1.11 MB)
【書評】楠見 孝(編)(2010)『現代の認知心理学3:思考と言語』京都:北大路書房、 xii+299pp.
菅井 康祐 (Kousuke Sugai)
pp. 30-31
PDF ファイル(156 KB)
【書評】福盛貴弘(2010)『基礎からの日本語音声学』東京:東京堂出版、269pp.
岡田 あずさ (Azusa Okada)
pp. 32-33
PDF ファイル(149 KB)
2010年度学会彙報、編集後記、奥付
pp. 34-40
PDF ファイル(66.4KB)
ページのトップへ戻る